onaomayu&黒柴たろう の日々是上々

忙しく毎日が過ぎていますが、HOTEIさんの曲にある「日々是上々」 毎日毎日が無事でよい日である事を願いつつ、日々過ごしています。 内容は愛犬たろうのこと、趣味のバイク・旅行が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たろうのけじめ&兄弟探しの続き・・・

懐かしいよぉ 今日も休み。しかし、朝起きたら、またもや霧雨・・・
バイクは諦めて、それよりも、大切な事があり、用足しをしました。

それは、たろうの籍です。
ふとしたきっかけから、たろうと暮らすようになって3年目ですが、実は、籍が実家のままだったのです。別に、それ自体は居候という形で問題ないのでしょうけども、狂犬病の案内が故人の父の名で送られてきて・・・
名義を実家の弟にするか、今現在暮らしている私達にするか・・・
話し合いの結果、これからもたろうを頼む、と言う事で、正式にonaomayu家の子として、役場で手続きをしてきました。

そして、ブリーダーさんの所に寄って、報告してきました。所有者変更ですね。
たろう出身地の「柴犬作出犬舎 もみの木荘」
去年も、たろうを連れて遊びに行きましたが、ちゃーんと私達の事を覚えてくれていましたよ。
「去年の日記2007年11月9日」
お二人ともすっかり歳を取って(奥さん79歳)かなり耳が遠いものの(笑)すごい記憶力! ビックリです。
去年同様、たろうを写真に収めており、柴犬図鑑を持ってきた。
何気に初めて見た、名犬「鉄香の源号」こらっ!ご先祖様を踏むでない!!
たろうの父系における曾祖父「鉄香の源号」「たろうの血統書」
柴犬好きな方ならば誰もが知っている犬。源の系統として、全国へその血が受け継がれています。
しかし、その姿を見た事はなく(大抵の方そうですよね?)今日初めて見ました。
私が想像していたのとちょっとイメージが違いましたが(すごいド派手なイメージを抱いてた)、なんとなく納得。
たろうは始め警戒していましたが、ジワリジワリと家の中へ入っていき・・・ちょっと!踏み絵してるし!!
喜びの舞、左端の釜に注目(笑)
犬舎の規模は、ピークの時は60頭位いたそうですが、現在は規模縮小したそうですが・・・展覧会の方も、体力的な問題から、もう引退したそうですが、それでも30頭位いたかも?!
えっ、この奥にもいるの?!とビックリ。

たろうをまじまじと見て
「ちゃんと運動している、年齢の割に握りがしっかりしている」「鼻梁がまだ白くなっていない、色素が濃い証拠、白の柄が多いから色素が薄いとの言うのは違う」
「子は取ったの?・・・えっ、もったいない・・・いい黒毛で、残した方が良かったな・・・」
ごめんなさい、たろうはペットとして我が家に迎えたわけで・・・でも、今さらながら悔やまれる・・・

そうそう、以前記事にも書きましたが、たろうの兄弟探しの件で、ダメもとで尋ねてみると・・・
おじいさんは分厚い帳面を持ってきて・・・すぐに探し当てました!!

「七ヶ浜町」

あれ?!同じ町じゃなかったの?!浜違いかよ~(涙)
私達みたいに、大きくなってからも時々犬を見せに連れてくる方が多いみたいで、もしそういう方ならば、電話して連れてきてもらう事もできる、と言ってくれたのですが、「・・・誰だか分からない・・・14年前だしね~生きているかどうかも・・・」との事で、あえなく撃沈。うぅ。押し掛けるわけにもいきませんしね。想像に留めておきましょう。
ベビーズ、ライオンの子みたい高級フード、ありがとうございます。
その後も、柴犬談義は続き、と言うか、おじいさんがずーっと喋り続けており、奥さんはいつの間にか寝ているし(笑)普段から、こんな感じなんでしょうね。

最後に
「展覧会に出せる位の良い犬イッパイいるから、好きな牝持っていって良いよ」
えっ?!ちよっと!!うちにはたろう様がいるから・・・
ポチッとお願いしまーす
帰り際、ドッグフードまでもらってしまい、すみません。
自分の所を巣立って、元気に幸せに暮らしている姿を見るのが何より嬉しい、と。

籍も移して、改めて気を引き締めて。
これからも、頑張ってお世話しますよ~。たろう、長生きしようね~。

| たろう日記 | 21:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

おまゆさん、こんばんは~

14年目にして晴れておまゆさんちの所有になったんですね。
おめでとう!!

30頭もの柴犬はうちでは絶対に飼えませんね。
2頭でも精一杯ですのに、すごい体力ですね。
しかも、どれでも好きなの持って行っていいよ、なんて。(笑)
多頭飼いしろ、という事ですか。

うちもペットですから他に出すなんて考えもしないですけど、展覧会オフシーズンは犬が動く時期なんですよ。
だからこれが普通なんですね。

兄弟犬は14年の月日がやはり長いようですね。
残念!!
ずっと気になっていたのにね・・。

たろう君の子犬、見てみたかったなあ。
でも、繁殖ってそう簡単じゃないと身に浸みて感じる、今日このごろですわ・・。



| のり | 2009/05/08 21:52 | URL |

こんにちは!なんだか経緯がはなこと似てますね、たろう君。
晴れてonomayu家のたろう君、おめでとうございます♪
鉄香の源号も、おまゆさんのおかげで
初めて拝見できました~。すごい感動です。
私もブリーダさんにメールしようかな。
そんなに喜んでくださるのならって思いました。ありがとう♪

| アヒル母 | 2009/05/09 13:55 | URL |

のりさん、こんばんは~

ホント、色々ありましたけど、ようやく
住所不定・無職(?)の状態から脱却、養子縁組しましたよ。

もみの木荘さんに驚きました?(笑)
とにかく、すごい数なんです。
単独でワンコが写っている、写真の左端に
大きな釜が写っているのが確認できますでしょうか。
ドッグフードが確立する以前の昔々は、
この釜で、麦や野菜くず・魚のあらなどを煮込んで、
犬たちに食べさせていたそうです。すごい歴史だ…

兄弟探しの旅は、残念な結果になりましたが、
きっとたろうをそのまま赤にしたような、
ぬいぐるみだと思います(笑)想像に留めておきたいと思います。
その方が、ロマンが…

| おまゆ | 2009/05/09 20:34 | URL | ≫ EDIT

アヒル母さん、こんばんは!

愛犬との出会いは、その家庭で様々で、それぞれに感慨深いものがありますよね。
たろうは実質子犬時代から共に過ごしてきましたが、
結婚して実家を離れてから、数年間の空白の時間がありまして…

たろうと再び暮らすようになった理由には、暗い背景があるのですが、
でも、今は空白の時間を埋めるべく、沢山の愛情を注いでいきたい、と思っています。

「鉄香の源号」初めて見ましたか?
名前は超有名ですが、その姿は意外と知られていないと思われます。(ネットで検索しても、画像が見つからないんですよ)
アヒル母さん達の住む、四国の誇る名犬ですね。

ブリーダーさんは、やっぱり巣立っていった子達のその後って、
とても気にかけているみたいですよ。
なので、機会があれば、ポーちゃんを連れて行ってみてはいかがでしょうか。きっと喜びますよ~

| おまゆ | 2009/05/09 20:46 | URL | ≫ EDIT

なんと、たろうくんの兄弟は七ヶ浜ですか??
うちの近くだわ
生きてればいいのにね・・・
我が家も来月早々にチビをつれてもみの木荘さんに行きます
いつかたろうくんともお目にかかれる日が来るとイイナァ~♪

| まぁーこ | 2009/05/11 21:52 | URL |

まぁーこさん、おはようございます。

そうなんですよ、同じ町内の「○浜」だと記憶していたのですが、
「七ヶ浜」と浜違いでした…でも、なんでわざわざ…
まぁーこさんの人脈・ワンコ繋がりで、ぜひ探し当てて下さい(笑)

もみの木荘さんにちびっ子を連れて行かれる予定ですか。
ムム、ご対面実現の可能性が高いです(笑)

| おまゆ | 2009/05/12 09:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://hibikorejojo.blog17.fc2.com/tb.php/238-43e725cb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。