onaomayu&黒柴たろう の日々是上々

忙しく毎日が過ぎていますが、HOTEIさんの曲にある「日々是上々」 毎日毎日が無事でよい日である事を願いつつ、日々過ごしています。 内容は愛犬たろうのこと、趣味のバイク・旅行が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たろう、とにかくたろうだ!

おなおです。

今日のタイトル、何も思い浮かばず付けてしまいました。

皆様お悔やみのコメントありがとうございます、こんなにたくさんの方が
たろうを見ててくれて、好きでいてくれて本当に嬉しいです。幸せ者です。
まだ全然気持ちの整理が出来ていませんが、今の気持ち、想いを残そうと思って
書きます。

私は子供の頃から常に家にワンコがいる生活を送ってきました、
秋田犬のごろう、茶柴犬のたろう、ポメラニアンのまめたろう達。
それぞれ別れも経験してきました。
ワンコだけじゃなく、大事な人も送ってきました。
特に母のように育ててくれた祖母、私の中では祖母との別れが最も強烈で
苦しくて、これ以上の苦しい、悲しい別れは無いだろうって思っていました。
こういう出来事の度に苦しくて、泣いて。でも生きてる人は
それらを忘れることは出来ませんが、心の中に思い出として残し前へ進んでいく
ものだとおもいます。

今回の震災でも、悲惨な事も見て、聞いて、悲しくて、苦しくて、怒って
もう涙もでないほど色んな思いをしました。
地震津波原発で被災した方、ワンコ。その方達の心情は察しできないほど
辛いことだろう、だから私もきついけど、もっと辛い方がいるんだから
私が出来ることをやろう、前に進もうって活動していました。

だけど、、、それ自体が奢り、欺瞞だったのかもしれません。
たろうが突然いなくなってホントに打ちのめされました。
未だにそれを受け入れることができず、思い浮かぶ言葉がでないところが
正直なところです。もう苦しさを通り越して恥ずかしい話ですが、泣くことしかできません。
こういう時男って弱いですね、私が弱いんですね。

感謝と自責と後悔が次から次へと入れ代わって襲ってきて、突然悲しみが襲ってきたり
色んな楽しい思い出がフラッシュバックしては笑ってみたり、突然涙が止まらなくなったり。
たろうめ!こんなに私の心に侵入していたのか、、、ちくしょうマジで好きだぞたろう、
どうしようもないくらい。
宇宙の真理に逆らっても良いから、もう一度戻ってこい!まだ一緒にいたいんだよぉ。
いつか別れが来るのは頭では分かっていましたが、それを考えること自体が嫌だったので
考えないようにしていました。

一回目の地震では普通に寝ていたたろう、でも二回目の時ちびってしまい、私がずっと
たろうを抱っこしていました。普段なら数分でいやがってジタバタしたのに
その日はずっと私に抱かれていました。
ちゃんと気づいてやれなかった、あの時私たちの心が折れそうになったのと同じで
たろうも同じだったんだなと思うと、悔しくてなりません。
環境の変化で徐々に侵されてしまったのだろうか、もっとちゃんと見ててれば・・・
入院してもたろうなら大丈夫ってなんの根拠もない、、、アホです。無念です。
入院する前日まで私のご飯を狙って追いかけ回し、パンを強奪して。。。

たろうとは12年の付き合いでした。
我が家に来たのは5年半前、その時から3人、小さいながら家族が出来て
たろうはそのど真ん中にいたんだな。
家に帰ればたろうがいる、旅行に行って、私を笑顔にさせてくれて
そんな生活が当たり前で、それがずっとこれからも続くと思いこんでいました。
夜とおまゆが夜勤の時は私がたろうの散歩。土手に行って二人のベンチに行って
私は一服、側にはたろうがいて夜空を見ながら鼻歌歌って遊んで。

もう今年のフィラリアの薬ももらったし、来月は少し落ち着くから那須に行こうって
決めていました。私のカレンダーにたろうがいなくなるなんてなかったのに。

今は時間が必要です、まだ全然心の整理が出来ていないし、未練ばかりで
過去形で話すのが辛すぎるのです。それでもおまゆと楽しかった思い出を話し
写真を見てまた泣いて。
どうしてもたろうのいなくなってしまった意味を探してしまいます、答えなんて
でないのに。
だけど、この状態をいつまでも続けているわけにもいかないし、たろうも
望まないはず。
まだ無理ですが、いつか笑顔で思い出話ができる日がくると信じて、今は
恥ずかしいけど私の気持ち、素直な心で不安定な日が続くだろうけど
許してな、たろう。
そしてちゃんとほんとに私の心の中でおまえを弔うからな。

やっぱり、たろうにかける言葉は、、、ありがとう。なんだろうな。
でも、このぬーいーめ!好きすぎてどうしもうもないぞ、ちくしょぉぉぉ、でてこい!

| たろう日記 | 23:08 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

たろうさん、突然すぎますよ・・・そして早すぎます
信じられなくて切なくて悲しくて・・・
まだまだ長生き出来ると信じてました
なので、いつか会いに行きたいな~なんてのんきに思ってました
でも、16歳まで旅行に行ったり走ったり、大往生ですよね。すごいです!
おなおさん、おまゆさん他たくさんの人に愛されて、たろうさんは幸せだったと思います
私も会えなかったけど大好きでした。会いたかったです
たろうさん、本物の妖精になって木や花にかくれて
こっそりおなおさん、おまゆさんを見ているような気がしてなりません
ご冥福をお祈り致します
たろうさん、ありがとう

| りょう | 2011/04/28 17:46 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/04/28 20:18 | |

Re: タイトルなし

りょうさん、こんばんは。

たろうとの別れから12日が経過し、私達は悲しみから少しずつ立ち直り、笑顔を取り戻しつつあります。

新潟組にはきっと会えると思っていました。
それこそ、福島のカフェで。

そんな中の今回の震災、たろうの死。残酷です。

16年生きたから十分じゃないか、と思ったりもしますが、
あんなに元気なたろうなので、やっぱり早すぎる・・・悔しい、と思ったり・・・

たろうは、ツンデレでイイやつなので、また何かやらかしてくれる事でしょう(笑)
たろうも「ぶらっく あんど ほわいと」ですから~

| おまゆ | 2011/05/07 22:09 | URL |















非公開コメント

http://hibikorejojo.blog17.fc2.com/tb.php/724-7e5b2029

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。