onaomayu&黒柴たろう の日々是上々

忙しく毎日が過ぎていますが、HOTEIさんの曲にある「日々是上々」 毎日毎日が無事でよい日である事を願いつつ、日々過ごしています。 内容は愛犬たろうのこと、趣味のバイク・旅行が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

onaomayu&黒柴たろう の日々是上々 エピローグ


今日が最後の更新です。

最後のタイトルはこれにしようと随分前から決めていました。なんて、仰々しくする必要なんかないのですが。

以前から自分の日記としてブログを書いていたのですが、2006年9月にたろうがやって来てから
完全にたろう中心の生活となり、今回のブログを立ち上げました。

ほとんど独り言のような日記でしたが、その時何があったのか、結構詳しく書かれており、
振り返って読むと、「あーそんな事もあったなぁ」と思うと同時に、たろうとの楽しい時間がよみがえってきます。

そんな中、いつもやさしいコメント下さった方、仲良くしていただいた方、ありがとうございます。
それと同時に、いつもコメント返しが遅く、申し訳ありませんでした。
飼い主の私も柴犬のような性格でして(笑)
誰とでもすぐに仲良くなれるタイプではないので、リンクしてくださった方は、本当に大好きな方達なのです。


実家にいた時から一緒でしたが、再び一緒に暮らすようになってからは、本当にたろうに手をかけました。
実家にいた時は、もちろん両親がいましたし、たろうとは一番下の弟という関係だったのが、
onaomayuとたろうの3人になってからは、全てがonaomayuに委ねられる責任から?親子のような関係に。
仕事をしながら子育てをする母親、とまではいきませんが、結構頑張っていたよなぁ、
でも、たろうがいたおかげで仕事をする張り合いもあったのかもしれません。

手をかけた分だけたろうも応えてくれ、たろうって、こんなにかわいかったんだ、とつくづく感じました。
そして、柴犬の魅力、犬と暮らす素晴らしさを、たろうを通じて痛いほど分かりました。


たろうは本当にイイやつでした。
あの愛らしい容姿はもちろんですが、たろう、結構空気が読める子で
どうやったら私達が喜ぶか、分かっていた子だったと思います。

柴の中の柴、最強の黒柴でした。

たろうの形見もありますし、匂いも残っていますし、手には柔らかな感触が残っています。


たろうがもし他の体に入り込んで、「あの目」でじっと私達を待っているとしたら、
たくさんの中にいても、たろうを見つける自信があります。
と言いながら、別なの引いちゃったらゴメン

あー、なんだか涙が。でも、これは悲し涙でも、悔し涙でもありませんから~。



それでは、onaomayuと黒柴たろうの物語はここでおしまい。

また、どこかでお会いしましょう!

皆さんありがとう、たろう、本当に本当にありがとう。

onaomayu&黒柴たろう の日々是上々 Fin


| たろう日記 | 16:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

http://hibikorejojo.blog17.fc2.com/tb.php/746-2575ccee

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。